昇華転写について

(株)スナップ•スクリーン スクリーン印刷•二次加工の会社です。

TOP_1.psd

Top8CA98Fo82B58FB889D8935D8ECA.png

昇華転写プリント

8FB889D8935D8ECA.png

昇華転写プリントについて

昇華転写プリントとは、分散染料を転写紙に使用し印刷し(インクジェットorグラビア等)、その転写紙に200度前後の熱と圧力を加える事でインクを気化(昇華)させ、生地にプリントする方法です。水を使用しないエコなプリント技術です。


8FB889D8935D8ECA90E096BE.gif

昇華転写の特徴
<メリット>
フルカラーでの表現が可能です、転写紙へのインクジェット出力の際は版は不要です。染料プリントのため、生地の風合いを損ねる事なくプリント表現が可能です。

<デメリット>
分散染料を使用のため、ポリエステル以外のものには染着しません。また、白のインクがないため、カラー生地には不向きです。(基本的にポリエステル100%の白生地のみ対応)摩擦試験(湿)・耐光堅牢度に限界があるため、品質基準がある場合には注意が必要です。

条件
・生地巾 〜160cmまで(有効柄巾158cmまで)
 ※インクジェット出力の場合/グラビア出力の場合は別途相談
・データ入稿の形式 Illustrator of Photoshop
 ※別途カラー指示必要(PANTONE、DIC etc...)

リードタイム
インクジェット出力にて転写ペーパーへの打ち出し 約200〜250cm/1日
転写紙から生地への転写 約250cm〜300cm/1日
 ※パーツでの作業の場合は別途確認が必要になります。